ニキビ治療に他する考え方

  • 大人ニキビの治療と胃腸の状態の関係

    • ニキビ治療を成功させる上で重要なポイントとなるのが、「ニキビができた原因を突き止めること」です。



      ニキビ治療が難しい理由として挙げられるのが、その「原因」が多様だからです。

      それゆえ、治療のためのアプローチがいろいろできてしまうのです。


      つまり、改善のための正しい方向性を見出しにくいという特徴があるのです。

      ただし、そうした「原因」の中にも傾向がないわけではありません。



      そのひとつとして挙げるとするならば、「胃腸の調子が悪いことが原因になっている」というケースが多いということでしょう。



      昔から、胃腸の調子がすぐれないときには、いわゆる「吹き出物」が顔、体のあちこちに出たという話をきいたことがあると思います。

      あるいは、実際にそういう経験をされた方もかなり多いのではないでしょうか。



      実は、あれが「大人ニキビ」と呼ばれるものの正体なのです。



      青春時代につくられるものよりもタチが悪く、ずっと治りにくいというのがその最大の特徴です。



      胃腸というのは、食べ物を消化し、その食べ物に含まれる栄養素を吸収するという重要な働きがありますが、その際に、「不要な部分を処理する」ということも実は含まれています。



      当然それが「便」として排泄されるわけですが、実は便以外にも、皮膚にある毛穴から水分として排出されているのです。


      胃腸の調子が悪いと、排出される際に水分が熱を帯びるという不都合が生じます。



      その熱によって、毛穴周辺の細胞がダメージを受け、結果的にこれが「ニキビ」として現れることになるのです。
      ですから、発想を結びつけるのがちょっと難しいかもしれませんが、治療がうまくいかないときには、「胃腸のケア」のほうにも目を向けていただきたいと思います。

  • 関連リンク

    • ニキビとは言ってもいろいろな種類がありますので、その治療へのアプローチは、その症状や進行度合いの分だけ考えられることになります。逆にそれがニキビ治療の難しいところになってしまうわけですが、しかし病院に行かず、いくら自分で治療をしてもなかなか改善できないという場合には、やはり「皮膚科」に行って診てもらうという考え方がベストに近いといえるでしょう。...

    • かつて「青春のシンボル」などと呼ばれましたが、今では大人のほうが厄介な印象もむしろ強まっているのが「ニキビ」です。大人のほうが厄介な理由は、「治療してもなかなか治らない」人が多いからです。...