最低賃金制度は、労働者を最低限守るために国が定めた制度で、毎年決められています。

正社員・パート・アルバイトの最低賃金について
正社員・パート・アルバイトの最低賃金について

正社員・パート・アルバイトの最低賃金について

最低賃金制度は、労働者を最低限守るために国が定めた制度で、毎年決められています。万が一最低賃金以下よりも安い賃金で働いている場合には法律上では最低賃金との差額を企業に請求する事が労働者には権利が与えられます。最低賃金の対象は基本給と手当で対象外になるのは、臨時的な賃金です。臨時的な賃金とは残業手当、賞与、結婚手当、休日出勤、深夜残業、通勤手当などです。アルバイトの場合には、日給や時給で賃金が決められていますが、対象の賃金を時給に換算して最低賃金よりも上の額を設定しています。

出来高制や請負で賃金が支給されるケースの場合には、最低賃金は厚労省の最低賃金サイトに掲載されています。最低賃金は地域別と産業別が設定の基準となっていて、高い方が適用されます。地域別では都道府県ごとに定められていて、産業別の場合には業種ごとに定められています。地域別の最低賃金は社員やパート、アルバイトなどに関わらず適用されて、産業別の最低賃金は特定の産業基幹の労働者に適用されます。18歳未満で65歳以上、技能習得中の人、特別な軽い業務のみ労働する人は適用対象外となります。また、精神または身体の障害によって著しく労働能力が低い人、試用期間中、技能取得中、特別な軽い業務のみ労働する人、継続的ではなく単発的・断続的に働く人が最低賃金よりも低い賃金が許される事があります。

Copyright 2016 正社員・パート・アルバイトの最低賃金について All Rights Reserved.